レドンドFC TOP >> FCについて
クラブ理念
大切なのは、楽しむこと!感じること!行動すること!
人とのつながり、地域とのつながりを大切に、子どもたちの笑顔が集まるサッカークラブをめざしています。

『心を育てる』
サッカー技術はもちろん、サッカーを通じて相手を思いやる心、本気で頑張る強い心、競り合い高め合う心など、大切な“心”を育てていきます。しっかり育った“心”は、将来 子どもたちの生きる力と自身になります。

『輪』をはぐくむ
クラブのテーマは、「輪」。「人をつなぐ輪」、「地域をつなぐ輪」、そして先輩方々から教えてもらった技術や思いを子どもたちへつないでいく「サッカーの輪」。たくさんの「輪」をはぐくんでいきます。

『世界をめざして』
元Jリーガーをはじめ、確かな技術と豊富な経験を持つ指導者が、個々のサッカー技術のレベルアップに取り組みます。
将来は「日本の輪」=日の丸を背負って、世界で活躍する選手に!

ロゴ・エンブレムの意味
スペイン語で「円・球」などを意味する「REDONDO」。さらに俗語の un triunfo redondoで「完全勝利」といういみもあります。
まず、このクラブで広がる仲間との輪(和)を中心に5つの円で表現。また、子どもたちの「無限の可能性」という意味も込めて、∞の記号を円2つとの組み合わせて表現しています。
エンブレム全体のモチーフとしては、武田信玄の兜をイメージ。武田神社にある甲府の北側がホームグラウンドということと、さらには勇猛果敢に戦い、勝利を目指すクラブを表現しています。